結婚しない息子干渉 親

親が結婚しない息子に干渉するのは悪いこと?

 

息子さんに結婚の兆しがまったないと、

 

口出ししたいなあ・・・
彼女とかいるのかな?
早く孫の顔が見たい・・・

 

と思ってしまいますよね。
この記事では、息子さんに結婚について干渉する時のポイントを紹介しています。

 

結婚に関心がないならしつこく責めてはいけません

結婚というものに興味をしめしていない時に「結婚しないの?」「どう思っているの?」と口うるさく言ってはいけません。
男性の多くは親に干渉されるのを嫌います。
ですので、しつこく責めると逆に「結婚」というものに拒否反応を示すようになってしまう可能性があります。
「結婚なんてどうでもいいよ」という雰囲気を見せてもいけませんが、「結婚」を促しすぎるのはダメです。

 

モテないタイプの息子さんですか?

生活や服装がだらしないなど、女性からモテないタイプの男性であれば、それは改善させなければ女性は近寄ってきません。
そこはうるさくなりすぎない程度に干渉しましょう。
女性への気遣いがないように見受けられたりした場合も、さりげなく指摘してあげたほうがいいですね。

 

息子さんに結婚の意志はありますか?

もし、結婚したいという気持ちがあるのに彼女もいないという状況なら、息子さんの今の生活をちょっと観察してみてください。
・職場に出会いがないのに、サークル活動やイベント活動など出会いの場に
 出かけることがない。
・女性への接し方が下手
そんな様子はないですか?
結婚したいという気持ちがある息子さんであれば、出会いがあって彼女ができれば結婚への道は開けるはずです。
出会いの場を見つける手助けをしてあげるのは悪いことではありません。
そんな息子さんなら結婚相談所を利用するのもいいかもしれませんね。

 

息子さんに彼女がいるのに…と思っているなら

結婚に踏み切らない理由を聞いてみるのは悪いことではありません。
生活の不安があるならアドバイスをしてあげるなど、前進できない要素を取り除けば結婚しようという気になるかもしれません。

 

彼女の前で干渉しすぎるのはやめましょう

多くの女性は「マザコン」男性は好きではありません。
お母さんにそのつもりはなくても、ついつい息子さんのやることなすことに口出ししたり、何かと手を貸そうとする姿を目にした女性は「結婚したら色々口出しされるのではないか…」と不安に思うものです。
また、いろいろ干渉してくるお母さんの言うことをキチンときいてしまう姿は女性には「マザコン」にしか見えないのです。
「この子のことはよろしくね」
そんな雰囲気を見せるのが一番ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
思い当たるところはありませんか?
「無関心」なのもよくありませんが「過干渉」もよくありません。
息子さん自身とあなた自身の行動をもう一度見直してみて、ほどよい接し方ができるよう心がけるようにしましょう。