30代 息子 結婚適齢期

 

 

今現在60〜70代の親御さん世代は平均20代前半で結婚していたかと思います。
50代の親御さんでも20代後半には結婚していた人が多いのではないでしょうか。
あなたが20代で結婚していたからといって結婚していない30歳の息子さんが結婚が遅いと一概にはいえないのです。

 

 

実際のところ結婚適齢期ってなに?

 

あなたもご認識ではあることでしょうが、はっきりと決まった結婚適齢期は無いですよね。
公表されている説明文では

 

「おおよその結婚に適した年齢の許容範囲のこと。」

 

だそうです。

 

 

 

男性の結婚適齢期は?

 

はっきりは決まっていないながらも、最近の男性の結婚適齢期は「20代後半〜40歳代」が目安となっているようです。
この数字からだけ見ると、30代のあなたの息子さんは結婚していなくても別に遅いとはいえないことになりますよね。
ただ、あまりに遅すぎると子育てが大変になってくるので、あまりにも結婚するのが遅くなると後々苦労することが出てくることも事実です。

 

 

男性が本気で恋愛を考えるのは35歳から

 

もちろん、一概には言えません。
もっと早い人もいれば遅い人もいますが、仕事も生活も落ち着いて、将来のことを真剣に考えることができるようになる年齢が35歳くらいだと考えられています。

 

 

なぜ35歳なのか?

 

仕事もなんなくこなせるようになり、後輩の指導やある程度の責任を負う仕事を任される中間管理職的な立場になれる年齢だと思いませんか?
上司にぶつかっていくことも恐れずなんでも挑戦していくのはだいたい35歳くらいまででしょう。
まだまだ会社の付き合いなんかも多いので、彼女や家庭に縛られるのを嫌う年齢なのです。
そんな時に「結婚して家庭を持ちたい」なんて思うわけがないのです。

 

 

その気持ちが落ち着くと人生のパートナーが欲しくなる?!

 

そんな仕事にガツガツしている時期が過ぎると、転職なんかも難しくなる年齢になるわけで、男性は保守に入るわけです。
仕事が落ち着いてきて初めて「家族」や「家庭」、「新しい生活」なんかを考えられる余裕がでてくるのです。

 

 

適齢期を過ぎても諦める必要はありません

 

適齢期とはあくまでも目安です。
40代で結婚する人も50代で結婚する人もいるということは忘れないでください。

 

 

出会いがない場合は?

 

結婚したいと思った時に出会いがないという人はいるものです。
あなたの息子さんも職場関係で出会いがなければ仕事以外の付き合いで相手を見つけるしかありません。

 

 

趣味やイベントごとに出かけることがある息子さんであれば、そのうち気の合う人が現れる可能性はあります。
もし、そのような趣味を持っていな息子さんなら結婚相談所を使うのも方法の一つとして検討してもいいのではないでしょうか。
結婚相談所には年齢制限はありませんし、自分の好みに合った身元のはっきりした人と出会うことができるという利点があります。

 

 

 

まとめ

 

とにかく、「結婚適齢期」を考えすぎるのはやめましょう。
焦って結婚して相性が合わず離婚してしまっては意味がありません。
相性の合う人は必ず現れます。
ただ、あまりにものほほんとしていると、一生独身となってしまいますので注意が必要です。
その時は親であるあなたから結婚を意識するように促してあげた方が良いかもしれませんね。